灘浜福鶴蔵の紹介

その隆盛は江戸時代から・・・。

全国の酒処のなかでも生産量で全国一を誇るのが、灘五郷と称されるこの地です。
江戸時代中期から海運が発達することで、その馥郁たる香りや味わいから"上方の下り酒"として、江戸の町では大名から商家、庶民と広く愛されました。現在も「近代灘五郷」として銘酒蔵が集積し、日本文化の代名詞の一つとして今日に至っています。

このような評価を裏付けるのが、酒造好適米"山田錦"の主産地・播州に隣接し、また蔵元の所在地は名水魚崎郷とも呼ばれ、清浄な湧水に恵まれたことが挙げられます。醸造技術も極限まで高められ、嗜好品でありながら日本酒は優れた我が国の文化風土を映す鏡に昇華してきました。江戸時代から明治、大正、昭和と日本酒の隆盛は続きます。

醸造業からの参入として・・・。

当蔵元も老舗酒造元として明治初期には「大世界」という銘柄で酒造業を営んでいました。しかし昭和の大戦で国の企業整備により、一旦菊正宗酒造との合併を余儀なくされました。しかし終戦後、姫路の味噌・醤油などの醸造元が、日本酒文化を高め灘五郷の一翼を担うためにと資本参加。その名も銘酒「福鶴」として酒造業を再開することになりました。

同地区にはトップシェアを誇る大手酒造メーカーも林立していますが、地酒蔵元として「福鶴」ブランドの独自性を保ちながら、規模に左右されない、愛される味一筋に歩んできました。昭和30年過ぎまでは魚崎浜も白砂青松の風雅な趣を残しており、当蔵元も浜辺まで50メートル程に臨む、まさに"鶴が舞い福来たる"という名にふさわしい佇まいでした。

国内有数の酒造グループとして・・・。

昭和時代後半から平成にかけて隆盛を誇った日本酒も、嗜好変化の波にさらされ、蔵元すべてが経営の難しい局面を迎える時代となりました。そして当蔵元もユーザーには恵まれながらも、後継者がいないという経営面での課題に直面しました。ちょうど昭和から平成へと年号が変わる節目に、ご縁があり酒造蔵元グル-プとしては国内有数の「世界鷹」ブランド:小山本家酒造の一員として、酒造りを続けられることになりました。

阪神・淡路大震災を乗り越えて・・・。

安定した経営基盤のもと、伝統の技とこだわりの酒造りに努めていた矢先、1995(平成7)年、阪神・淡路大震災で当蔵元も甚大な被害を受けました。情緒ある木造酒造蔵の街並みも全壊し、茫然の感がありました。灘五郷すべてが被災しましたが、世界に誇る日本酒の伝統や文化の灯を消してはならないと、地域一丸となって事業再開を目指すこととなりました。
そして、この震災時に地域の皆様の役に立ったのが蔵の2本の古井戸。福鶴井戸から近隣被災者への"お水配り"は約一ヶ月間続き、「生命の水」と頼りにされました。

四季醸造蔵による見学酒蔵として再生・・・。

震災後も伝統蔵元として、地域貢献を再生のポイントとして考えました。そしてその答えが、酒造りの全工程を公開(見学酒蔵としての再生)することでした。多大な投資に踏み切り、「浜福鶴吟醸工房」として年間を通じて“造る” “見せる” “販売する”の三拍子そろった次世代の酒蔵を目指したことです。
灘五郷と呼ばれる日本一の酒処の地域再生プランとも相まって、観光的にもその先鞭となり、多くのお客様にご来場をいただく今日の状況へとつながりました。ガラス越しに酒造りの工程を見学いただき、その後はお土産コーナーでのお買物や試飲コーナーでの無料試飲も好評です。さらに特別なお酒を揃えた「有料きき酒コーナー」も併設し、心いくまで日本酒の味わいと文化を楽しんでいただけます。